借り入れ件数が増えたら、借金はまとめること!

 

借り入れが増えた、その理由

計画を立てたつもりが膨らんでしまった借金、いくつも入用が重なり借り入れ金額が増えてしまった、そんな状況になってはいませんか?消費者金融も銀行のカードローンも、そしてクレジットカードでのキャッシングも非常に便利なものです。

 

しかし、便利が故に借り入れがかさんでしまうことは少ないことではありません。いくつもの借り入れ先ができてしまったとき、その借金をまとめたいと思いませんか?

 

結論を先に言えば、借金はまとめることができます。

 

ところが、まとめ方を間違ってしまえば、今ある負担が減ることはありません。借金をまとめることはどのようなことであり、どのような方法があるのかをしっかりと確認していく必要があります。

 

なぜ、借り入れ金額や借り入れ件数が増えてしまったのか考えてみましょう!

原因をはっきりとさせなければ同じ失敗を繰り返してしまうことになりかねません。多くの方はいまの借り入れが危険なものだという認識がありません。

 

借り入れを重ねても毎月の返済額は大きなものにはなりません。1社からの借り入れであれば負担は少なかったでしょう。

 

頻繁に借り入れを続けているうちに、融資限度額も満額になってしまったのではないでしょうか?

 

既についてしまった「すぐに借りる」という癖はなおすことが難しいものです。1社の融資限度額が満額になっても返済をしてそこに余裕ができれば安堵したかもしれません。

 

少しでも借入残高が減ったことに対する喜びではなく、少しでも借り入れが可能になった喜びです。しかし、少しの借り入れ金額に喜んでいるようではすでに返済額の用意は難しくなっているでしょう。

 

返済を借り入れによって賄い始めているころです。融資限度額が満額になり、そこにいくらかの余裕ができたとしても安心することができません。

 

そうなるとどのような方法を考えるでしょう。
新しい借り入れ先を探したはずです。

 

借りることで解決するという方法が身についてしまえば、キャッシングからは離れることが難しくなります。手元に自分の現金が無くても借り入れによってお金を手にすることができるからです。

 

借り入れ先が2社になる、これは多重債務の始まり

借入件数が2社だと、多重債務にはまだ気がついていないでしょう。新しく決められた融資限度額に、久しぶりの大金を得たような感覚を覚えます。

 

気持ちに余裕ができ、物欲が大きくなり、またあっという間に融資限度額は満額まで借り入れをしてしまうでしょう。

 

ところがそれが続くのも借り入れ先が3社までです。
今はどの段階でしょうか?

 

2社目の借り入れをしているのであればまだこれから先を考えることができます。
3社目の借り入れでもまだ現状を回復することができます。

 

それはおまとめがあるからです。

 

借金に困窮しているのは借りるという癖がついているから、そしてもう一つ、返済が混乱した状況にあるからです。返済先を一つにすることで状況が簡潔になり返済しやすい状況を作り出していくことができます。

 

ところが3社目も融資限度額を満額まで借り入れてしまえば、4社目はないはずです。借り入れ金額だけではなく借り入れ件数が多いときには、新規申し込みの審査には通るのは難しくなります。

 

そもそも消費者金融にある総量規制には、個人の年収の3分の1までという貸金業全体からの借り入れ金額に制限があります。その制限に達してしまえば借り入れ金額をそれ以上増やすことはできません。

 

まとめ

出来れば借り入れ金額は増やさないに越したことはありません。そしてカードローンなどの借り入れ金額は早い段階で完済するに越したことはありません。

 

それはもう十分にわかっているでしょう。
後悔もしているかもしれません。

 

現状が非常に危険だということに気がついただけで良しとしましょう。
これからの対策を練ることができます。

 

長い人生、今、立ち上がらなくてはいつそのチャンスが巡ってくるでしょうか。
借金は放置したところで消えるものではありません。

 

それどころか増える一方です。

 

気がついたときが立ち上がるときです。
これからおまとめをするための準備とおまとめローンについての詳細をご紹介していきます。

 

限度額重視で「まとまったお金を借りる!」おまとめ・借り換えしたい人向け⇒お金を借りる

 

今ある借金を明確にして、これから先の人生を明るいものにしていきましょう!